商品やサービスが誹謗中傷を受けたらどうする?対策の流れとは

口コミ・評価サイトにおける誹謗中傷のリスクとは

根も葉もないネガティブな噂が発生・拡散し、大きなダメージを被るケースがあります。それは主にネットショップを経営する中で、その商品やサービスについての評価が頻繁に掲載される口コミや評価サイトから発生するパターンが極めて多く見られます。ネット上の口コミや評価の掲載に関しては、評価をコメントする人物が全て本名を明かさず匿名で済むという特徴があります。これは数多くの意見や評価を集め、店舗やサービスに関する評価を中立的に判断するのに好都合なのですが、その一方根も葉もない誹謗中傷をあたかも現実にあったかの様に流布されるリスクにも繋がるのです。

ネットだけに誹謗中傷が拡散するスピードも早い

この際最も問題になるのは、こうした言われ無き誹謗中傷の評価がネットを通じ一気に拡散してしまうという事です。一般の見聞きによる噂は広まるのにそれなりの時間を要するものですが、同時に不特定多数の人間が閲覧可能であるインターネット上のサイトであれば、その拡散スピードも著しく早くなり、それらの記事を見掛けたら一刻も早い対策が求められるでしょう。特にネットショップを立ち上げて間もない店舗運営者にとっては知識や経験も少なく、頭の痛い問題となりますよね。

SEOの専門業者のテクニックにより被害を最小限に

こうした誹謗中傷記事の拡散を防ぐには、第一にそれらの記事が店舗評価における検索の上位に食い込ませなくする事が肝心です。SEO対策の技術に長けた業者であれば、依頼一つでこれらの難しい課題を解決に導いてくれる事でしょう。またそれらの業者の助けを借りる以外にも、身の潔白は自ら証明してゆくのが一番ですよね。誹謗中傷を受けた製品やサービスに関する詳細な情報開示や誤解の払しょくは、むしろ素早くオープンに行った方が効果的なものです。

2ちゃんねる削除に関しては、誹謗中傷を掲載しているサイトがあれば、それを業者に依頼をして削除を依頼する事が出来ます。