ポスター制作する上で押さえておきたいデザインの仕方

分かり易く伝えられているかが重要です

デザインに凝りすぎてしまって、何を伝えたいのかが、分からなくなってしまっているポスターを見かける事がありませんか?よく見ても何を宣伝しているのかが、不明なポスターは、はっきり言って、自己満足で制作されているものが大半です。これは、よく落ちる罠なので気を付ける必要があります。そうならないためには、ポスターを見る側の視点を養う必要があります。そうすれば、自然と目を引くポスターを作る事が出来るでしょう。

同じ様なデザインのものを避けるようにしましょう

デザインというものは、似た様なものになるのは仕方がないものです。しかし、後に賠償請求をされてしまっては信用とお金を失いますので避けれるものなら避けたいところです。大規模なコンペであれば審査の段階で注意をしてもらえますが、小規模のコンペや依頼制作になると自分で注意をしなければなりません。報酬が少ない仕事で弁理士さんに審査を依頼していては赤字になってしまいます。ですので普段から有名なデザインだけではなく世に出ているものはなるべく覚えておく必要があります。

なるべくシンプルなものにしましょう

人間の脳の働きは視覚から得た情報をどのように処理しているかと言いますと、第一印象でほぼ有益なものか無駄なものかを判断してしまいます。つまり、ポスターは一瞬で有益な情報を伝えられるデザインである必要があります。そうなると自然とシンプルなデザインになり集客や販促に一役買ってくれるものが出来上がります。ポスターをデザインするという事はデザインする事だけが仕事ではなく、本来、何のために制作しているのかを忘れないようにしましょう。

意外とランニングコストがかかるコピーですが、時間があり大量印刷するなら激安コピー印刷を考慮に入れたい、カラーでも@五円なんてところも、NETで発注即日納品もできる所もあります。