あったらホントに困ってしまう風評被害!!風評被害対策についてまとめました

ネットで簡単に行われてしまう風評被害

企業にとって、会社の利益に関わりかねない風評被害。掲示板やブログなどで誹謗中傷を多く見かけますが、インターネットだけでなく、スマートフォンの急激な普及で、若者からお年寄りまで、多くの人が簡単にその誹謗中傷を目にすることが出来ます。口コミの掲示板など今では簡単にひどいことをインターネット上に書き込めますので、書いた本人は何気無い気持ちでも会社にとってはたまったものではありません。もし誹謗中傷されたサイトがYAHOOなどの検索エンジンで上位表示されたら、ホントに恐ろしいですね。

具体的な風評被害の対策は

風評被害で多いのが、やはり掲示板やブログでの書き込みでしょう。掲示板などで誹謗中傷を発見した場合には、その内容を削除することだけで無く、慰謝料の請求も可能です。ですが、実際には、書き込みは匿名ですので、誰が書き込んだかは分からないことがほどんどです。警察や行政が動くべきだと思うのですが、個人情報の保護の観点や、日本は「表現の自由」を尊重する国でもあるので、誹謗中傷を取り締まるのは非常に難しいようです。ですので、誹謗中傷を発見した場合には、一度、サイトの運営者へ削除依頼を出すことが一番速いでしょう。依頼する場合には、そのURLや内容を詳しく、そして早急に削除するよう訴えましょう。困ってしまうのは、こういった削除依頼が無視されることが多いだけでなく、同じような内容が他のサイトでも書き込みされたり、何度も書き込みされてしまうことです。こういった場合には、やはり専門業者に相談しましょう。

風評被害を行ってくれる業者を探す場合には

風評被害対策を請け負ってくれる業者は今では多数あります。やはり、風評被害に悩んでいる企業の方は多いのでしょう。業者を選ぶ際には、何点か選ぶポイントがあるので、注意しましょう。まず、対策開始からの効果のスピードです。内容にもよりますが、1日でも早く対策してほしいものです。最近では、最短で翌日から効果が出るという業者もありますので、内容を相談した上で、どれくらいで効果があるか確認しましょう。削除がむずかしいサイトの場合、逆SEOという方法をとっている業者もありますので、確認が必要です。これは、誹謗中傷が掲載されているサイトを検索エンジンで検索されなくする方法でうす。すぐに削除が出来ない場合、この方法に長けた業者を選びましょう。また、ネットの掲示板として一番有名な「2ちゃんねる」の削除が出来るか確認することも重要です。風評被害は1日1分でも早く解決したいものです。自身で解決するにも業者に頼むにも最適な方法を選びましょう。

インターネット上での悪質な誹謗中傷は名誉毀損罪や侮辱罪、業務妨害罪等の犯罪に該当する場合があるので、始めに警察に被害を届け出ることが誹謗中傷対策になります。